FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上手なキスのやり方

キスが上手い男子とキスが下手な男子の違い。

キスの仕組みについて伝えますよ。

舌と舌を絡めると言うキスは、いわゆる粘液接触といわれ、陰部を舐めるのと同じの手段でやることがいいとおもいますよ。

女子は、口も陰部と同ふうにポジションづける人も比例的多くいますので、そのキスで陰部への前戯の上手い下手を見極める方もいらっしゃるそうですね。

キスと言う事でと言って手を抜いたキスをしたら、点数はそうとう落ちますので注目して下さいね。


ただ体験の浅い女子には、

ディープなキスは禁物。 終始ソフトにキスをしてあげることが不可欠ですね。


又、キスはセックスのなかでおろそかになりがちですけど、

これほど、不可欠なことはないとかんがえて下さいね。

注目点。キスの段階で


『男を主張しないこと』


例に挙げると、

わざと、股間を押し付ける等の行為はしないこと。

ナチュラルと当たってしまうケースは、いいですけど押しつけてはいけません。

きもちが萎えるケースがありますので注目して下さいね。


女子と言うのは、たいしてロマンティックではないのですけど、あるとしたら、このキスの時がロマンティックを求めたりしますよ。


たいして強く吸いすぎたりとか、舌がちぎれるくらいに吸ったりする男子もいますが・・
ハッキリ言ってそいつは、技能ではないですね。
ただ痛いだけなのでね。



あく迄、ソフトに吸ってあげて、
性器を吸うイメージでキスをするようにして下さいね。


貴方は、性器を強く吸いますか?


吸わないですよね。


舌で唇を舐めてあげたりとか、
唇で軽く挟んであげたりするのは効力がありますよ。

が・・・!

噛みついたりは、ゼッタイ的しないはずですから。


唇と言うのは、脳に直結しますから痛い行為等をしてしまうと、すぐ冷めたりきもちが萎えるケースがありますよ。


反対に、効力度のいいキスをするとのきもちがドンドン上がっていくと言う事になりますよ。

きもちが上がるともう分かっているとおもいますがイキやすくなりますよ。


女子が痛がるキスのなかに、舌の裏を刺激する行為がありますよ。

舌の裏はついても敏感なんで強めに刺激すると痛みを伴いますよ。


唇で挟んであげたりとか、舌を絡ませたりするふうな行為はついてもアタリですけど歯ではしないで下さいね。

歯のふうな固いもので挟まれると妄想以上に女子は痛がりますよ。

ですので、歯は使わないことを心がけて下さいね。


下の歯は、ゼッタイ的キスの時は使わないことですね。

舌の裏に当たるからですね。


上の歯は、下唇とで舌を挟むのがアタリなので使いますよ。
(あく迄ソフトに使ってください)

ですけど、軽く挟む程度で十分感じますよ。

強くすると反対に、女子のきもちが萎えるので注目して下さいね。


キスの技能を認める前に
まずは、こーいうことを知っておくといいとおもいますよ。


あいての女子がどんなキスがされたいのか?

どの頃合いでされたいのか?

男子はどういう気持でキスをすればいいのか?

そして、キスをすることで
あいてはどういう境遇になるのか?


仕組みを認めるのも不可欠です^^
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。